放課後の教室棟

雑記。メインテーマは音楽。様々なジャンルに手を出していければと思います。当面はアクティブ度外視で、書きたいことを綴ります。

サイダーガールを聴くと死にたくなる同士達へ

(一番最初に貼った画像がサムネになるので適当にサイダーガールの宣材写真を貼ってからのスタート)

f:id:hatoribe1181:20180514103339j:image

 

突然ですが,Twitterで"死にたい"って検索するとどうなるかご存知ですか?

f:id:hatoribe1181:20180513201122j:image

こうなります.これは恐らくはあの凄惨な座間市9遺体遺棄事件をきっかけに表示されるようになったものだと思うのですが,このレベルの深刻さではない軽い気持ちで「死にたい」って言っている人,よく見かけますよね.

 

では人々はどんな時にこの感情に陥るのでしょう?それは恐らく埋めようのない過去の穴を感じ,どうにも出来ない虚無感に襲われた時...だと個人的には思います.

 

つまり.このブログの管理者である私は高校時代,彼女は出来ず,部活にも入らず,永遠にYouTubeを見るか勉強するかだけというクソつまらない高校生活を送ってきたわけで,そういう人間がサイダーガールの音楽を聴くと,絶対に自分には有り得なかった青春の姿に虚無感を抱くんだと思うのです.

 

これをよく俺は"眩し過ぎて見ていられない"なんて言葉で言ったりしていて.というわけで,今回はその眩し過ぎる青春群像,サイダーガールについて解剖していこうと思う.よろしく.

 

さあ,先ずはMVをご覧頂こう.メジャーデビューシングルでもある『エバーグリーン』をどうぞ.

https://www.google.co.jp/url?sa=t&source=web&rct=j&url=https://m.youtube.com/watch%3Fv%3D8mFrhS3ywEE&ved=0ahUKEwiDk_6dyYLbAhWJu7wKHX99AVwQt9IBCKUBMBQ&usg=AOvVaw0Z8125FyNyInOHDK0ljcVy

池間夏海が可愛い.そしてところどころ淡いエフェクトなんかかけちゃったりして.殺す気か.こちとら青春耐性ゼロなんじゃボケ.

 

そしてこの歌詞も青春全開なわけよ.ちょっと見てよこれ.『エバーグリーン』一曲から抜粋してもこんなに青春ワードが出てくる.

 

"「何でもないよ」と笑う横顔を

飽きるまでこのまま見ていたかった"

 

"こうして君を何度も追いかけてしまうから

青春最前線全力疾走 青に線を引く"

 

"夢から醒めても 君の好きな人が

僕じゃないことも分かっていたのに"

 

多分こういう歌詞がかけるYurinさんは,夜のテンションで女の子に気持ち悪いメールを送ってしまった後,「やってしまった」と布団に包まって落ち込んだこともないんだろうなあ...え,誰の話かって?

 

いつも通り最初は歌詞から攻め込んだのだけれど,MVもMVだよ.皆はどう思うの?あれを見せられてさ.

 

女の子と線香花火をしたり,校舎の日の当たらない場所で涼みながら話をしたり,自転車で公園まで飛ばしたり,どれもイデアのようなものだなあと.きっと別の世界線の俺が体験したから憧憬を抱いているんだと思いたい.別世界線の俺,グッジョブ.

 

で,まぁカップリングやアルバム曲はSpotifyのURLを貼ることしか出来ないし,俺がそのサービスを使っていないから無理なので.YouTubeにUPされる代表曲の類しかここには貼らないけれど,もう全部こんな感じ.

 

https://www.google.co.jp/url?sa=t&source=web&rct=j&url=https://m.youtube.com/watch%3Fv%3DpV8oRvZLbJo&ved=0ahUKEwjjo7e4hITbAhUGKpQKHcDSAEUQt9IBCK4BMBc&usg=AOvVaw1_u9EnCj4RQ-LEH5vTfruM

 

https://www.google.co.jp/url?sa=t&source=web&rct=j&url=https://m.youtube.com/watch%3Fv%3DPTkCydC2VF4&ved=0ahUKEwjjo7e4hITbAhUGKpQKHcDSAEUQt9IBCMABMB0&usg=AOvVaw3zcmmoU2q4YToX7aotUeOg

 

ね?どう?そろそろ皆死んだ?

 

一体彼らはどんな青春時代を過ごしてきたのか甚だ疑問なわけよ.普通に学生生活を送ってきただけじゃあんな歌詞や雰囲気は絶対に出せないわけで.それともあれか,おいYurin,貴方も自分の理想をつらつらと並べているだけなのか.

 

理想を並べるんだったら俺にも「夏/青空/西から流れる積雲/ひまわり畑/白いワンピース/麦わら帽子/幼馴染/川辺/ザリガニ釣り/地元の花火大会」ほらね.誰も俺のことを童貞だなんて思わないだろう.

 

でもこういうアーティストの楽曲って,勿論最高な青春を過ごした人々にとっては「懐かしいなあ」という感情を伴って,そうでない人には「死にたい」という感情を伴って,でもこの「死にたい」はネガティブなわけではなくて,少し心が動き,どこか惹かれている自分もいるんだろうと.だってイデアだもん.エロースの裏返しだよこの天邪鬼めが.

 

さあそろそろ「何が言いたいんだ」と.思い始める頃でしょう.結構ネガティブな言葉満載でお送りしてきましたけど,態々ブログに書く時点で全く俺はサイダーガールにマイナスな感情は無いし,是非とも皆に聴いて欲しいと思うからクセのある文で目を引こうとしているわけ.

 

つまり.俺はサイダーガールが大好きだし,このある筈のない,掴みようのない理想郷を追い求めて音楽を聴く感じも嫌いじゃない.顔を出していないからメディア露出も殆どなく,売れるかと言われたら自信がないけれど,皆も良いなって,思ったでしょ?どう?

 

来月新曲が出ます.『約束』というタイトルの新譜が.もう曲名から漂うサイダーガール感よ.絶対淡い炭酸系ポップよこれ.これからの夏の時期,風薫る土手を自転車飛ばしながら聴いたら超気持ち良いやつだよ絶対(イヤホンつけて自転車,ダメ!ゼッタイ!)

 

 

約束(通常盤)

約束(通常盤)

 

 何故か初回限定盤のURL貼れなかった.初回限定盤はラバーバンド付きです.ライヴキッズの必需品ラバーバンド.これつけてサイダーガールのライヴで彼らの顔面暴きに行きましょう.俺も実はまだライヴに行ったことがないのでね.

 

そしてブサイクだったらきっと彼らも自分の曲聴いて死にたくなっているよって笑いましょう.イケメンだったらもう死のう.さよなら.

 

 

期待の新星postmanを聴け

命令形のタイトルをつけさせてもらった.うん,これは聴かないわけにはいかない.聴くんだ.今すぐ聴いてくれ.話はそれからだ.

https://www.google.co.jp/url?sa=t&source=web&rct=j&url=https://m.youtube.com/watch%3Fv%3D9bvPTYquU0M&ved=0ahUKEwiJsb2_w4HbAhWEgLwKHQBjAHgQwqsBCDkwAw&usg=AOvVaw2Q7BcBpyyVRifM5ItOkJ68

 

この特徴的な声でサビ始まりの楽曲を歌われちゃったらもう堪らないわけで.つい最近まで名前も知らなかったのだけれど,タワーレコード横浜店でジャケットが気になって試聴した瞬間,運命感じました.こんなツイートをするくらいにはね.

https://twitter.com/hatoribe1181/status/988327102691721216?s=19

 

このレベルの楽曲をリリースしておきながらまだ平均年齢19歳だっていうから驚き.俺と一つしか変わらないなんて.音楽に年齢って本当関係ないんだなあ.

 

今なんでこんなに興奮気味に語っているかというと,この前タワーレコード新宿店であったpostman×Mr.nutsのフリーライヴに参加してきたから.バンドは生物だから,やはりライヴパフォーマンスを見ないことには真価をはかることは出来ない.今回はアコースティックライヴだったから本領発揮とまでは言えないだろうけど,俺自身は十分に堪能することが出来た.

 

しかも距離.画像を見て欲しい.

f:id:hatoribe1181:20180513103004j:image

全くアップになんかしていない.その場で写真を撮ってここまで近くで見られたことに驚き.未だそこまでの知名度はない両バンドだからこそこの近さで見られる.控え室からチラチラ出入りしていたpostmanボーカル寺本楓輝がイケメン過ぎてもうムカつきました.狡いよこんな曲作っておいて顔まで良いのか.緑黄色社会の時も言ったけれど,神は何物を与え給うのか.作詞作曲のセンスもあって声も良いなら容姿端麗の要素くらい俺にくれても良いじゃん.

 

そして少し調べてみるとどうやら10代限定のロックフェス,未確認フェスティバルのファイナリストだそうで.これはSCHOOL OF LOCK!が主催している閃光ライオットが前身の,非常に大きなイベントだよね.片平里菜Galileo Galilei,ぼくのりりっくのぼうのみなんかはここから輩出されている,いわば若手の登竜門的存在.数千数万のアーティストの中のトップ数組となればそりゃ実力もあるわな.

 

今回はちょっとまだ詳しくないというか,本当につい最近知ったばかりのアーティスト,postmanを取り上げたからあまり語れないのだけれど,フリーライヴ帰りの興奮の中で,Twitterでは書き切れないことをざっと書いてみた.

 

今の時点ならチケットも取りやすいし,こうした距離の近さから直接話す機会もある.サイン会では「貴方の特徴的な声が大好き。『光を探している』のような歌始まりの曲は心にぐっとくるからまた作って欲しい!」と直接嘆願することも出来た.因みにサインはこちら.

f:id:hatoribe1181:20180513104213j:image

 

タワーレコードの店員がライヴの写真を撮ってSNSで拡散してやってくれと言っていたから,このブログも微力ながらその拡散に力を貸せたら良いなと思って.

 

19歳ということでまだまだ前途洋洋たる,期待の新星というに相応しいバンド.皆で一緒に彼らの未来を,これからの活躍を見守っていきましょう.よろしく.

 

今回は文章も纏まっていないし,ブログも短くなってしまった.拙文申し訳ない.次回からまた確り練って投稿するからどうか勘弁.では.

 

青山学院大学にいそうなバンドランキング1位,緑黄色社会

初手安定の煽り.青山学院の皆ごめん.やめて怒らないで.Twitterにシェアして火を点けないで.

 

先ず何をもって青山学院っぽいと言っているかというと,そのルックスの良さ.これは外部の人間のイメージでしかないけれど,絶対青山学院にはお洒落な美女がいっぱい居るじゃん.知らんけど.

 

というわけで画像はこちら.
f:id:hatoribe1181:20180506193454j:image

ね?特に女性メンバー.いや長屋晴子美人過ぎか.peppe可愛過ぎか.小林壱誓イケメン過ぎか.穴見真吾しばゆー過ぎか.

 

このルックスの良さだもの,きっと初めて見た人は「どうせ見た目が良いからって適当にポップな曲作って売れ線乗ろうとしてるんでしょ?」って.穿った見方しか出来ない残念な同士の皆さんはそう思うはずですよね.俺は閃光ライオットで見た時に最初そう思いました.

 

でもね.

https://www.google.co.jp/url?sa=t&source=web&rct=j&url=https://m.youtube.com/watch%3Fv%3DZNgA7S3MabU&ved=0ahUKEwjdo9DqlPPaAhVGXbwKHSjSCfUQt9IBCG8wCQ&usg=AOvVaw2UlHBCeJQyJUWZUPu3pNs9

これよ.神様は一体彼女らに何物をお与えになったのか.全くもって妥協がない.最強としか言いようがない.一つくらい誰か欠点を教えてくれ.めっちゃ早漏とか何でも良いから.

 

一時期はどうなるかと思ったんだ.長屋晴子の容姿の良さを前面に押し出したこんなMV作ったりして.

https://www.google.co.jp/url?sa=t&source=web&rct=j&url=https://m.youtube.com/watch%3Fv%3D9p3Q0IKFt4I&ved=0ahUKEwjdo9DqlPPaAhVGXbwKHSjSCfUQt9IBCHswDQ&usg=AOvVaw38cb9OKuJ0GGGtngSphC7K

流石にこの時は「ほら見ろやっぱりこうなるんだろ」と思ったもので.別にこの楽曲が悪いなんて言うつもりはないし,ガールズバンド感のあるポップでキュートな曲だなあとは思うけれど.

 

やっぱりどこかでバンドには汗臭くあって欲しいとか思ったりするものなんだよね.TwitterKANA-BOON飯田祐馬に「イケメン!」とかリプライ送っている女の子たちいるじゃん.あれって勿論普段のKANA-BOONが格好良いと思っているわけじゃなくて,ステージ上での指さばきがエロいとか,ライヴハウスの光の当て方で奇跡の一枚が撮れたとか,そういう汗臭い場所でこそ映える部分に格好良いと言っているわけ.(素で格好良いと言っているなら眼科に行ってくれ)

 

でも容姿が良い人達は絶対にそんなイメージはつかない.そうでしょ.汗臭いflumpool山村隆太なんて想像も出来ないでしょ?多分彼はフレアフレグランス使ってるよ知らんけど.だからそういう人達はポップな方向に偏っていく.[ALEXANDROS]だって売れてから『For Freedom』みたいな楽曲あまり出していないじゃん.『SNOW SOUND』とかナメてんのかと.

 

大体顔が良いと人生における悩みも少ないと思われがち(実際は女子コミュニティの引きずり下ろし合いとかマジで怖そう)だから,楽曲が薄いなんて叩かれたりする(SILENT SIRENが良い例)のだけれど,きちんと実力のあるベーシストがいて,重厚感のあるキーボードの音を鳴らしているものだから全くそんな印象がない.

 

最新曲の『真夜中ドライブ』なんかも,疾走感もありつつ緑黄色社会らしいポップ感も混ざった最高な雰囲気を纏っている.

 https://www.google.co.jp/url?sa=t&source=web&rct=j&url=https://m.youtube.com/watch%3Fv%3DlPXm7_vhvJc&ved=0ahUKEwjdo9DqlPPaAhVGXbwKHSjSCfUQt9IBCIEBMA8&usg=AOvVaw3lyy9XfdDEwBRVNfVIhyV6

 

何が言いたいかって兎に角バランスが良いってこと.頭が良いんだろうねきっと.三角食べを未だにやっているんだよきっと.平均台の上で生活出来るレベル.

 

実力派を好んで聴く人,面食い,浅く広く邦楽を楽しみたい人,サブカル女子,全方向にウケが良い.それぞれにそれぞれなりの楽しみ方が用意されている.だから今タワレコで物凄く推されている.嘘だと思うなら渋谷店に行ってごらんなさい.猛プッシュされていて最早こっちが引くまである.

 

でもタワレコって,最早腐敗し切ったオリコンなんかには左右されず,本当に今勢いのあるバンドをレコメンドしてくれるから,そんなタワレコがプッシュをかけている時点でもうこれからくること間違いなし.人気が出ない理由を探す方が難しいから,気付いたらMステに出ていた,気付いたら武道館でライヴをしていた,なんて日もそう遠くはないはず.

 

2013年の閃光ライオットから彼女らの動向を追っていた自分から見ても,今が明らかに一番勢いがある.飛ぶ鳥を落とすとは正にこのこと.聴き始めるなら今しかない.さあ,早くCDを手に取るんだ.

 

緑黄色社会

緑黄色社会

 

 

 

 

Hump Backは"エモい"の体現者

"エモい"って言葉最高に偏差値低そうですよね.ある日地元の電車に乗っていた時,高校生が「マイヘアエモくね?!」「わっかるマジエモい」という超絶偏差値低そうな会話をしていたことを思い出します.因みに彼らの高校の偏差値は低かったです.

 

...早速全力で話を逸らしたところで本題に入りますが.Hump Backって正直,"エモい"以外の形容詞を冠することが出来ないと思うんですよね.英語の"Emotional"に無理やり"い"をつけて作ったこの造語以外に当て嵌る言葉が見当たらない.

 

何がエモいかってやはり歌詞なのでまた少し紹介していきますね.

 

"大人になりたくないや 裏腹に過ぎてく日々を

追いかけて 追いかけて またわかんなくなって

それでも生きてくんだ だって歌ってたいし笑ってたいし"

(うたいたいこと)

 

"コンクリートをかち割るような アオい青春は

何処にも行けずに空を眺めてる"

(星丘公園)

 

どうだろうか.数行で切り取るにはあまりにも青臭くて,想いの熱量が高くて,魅力が伝えきれないのがもどかしいからYouTubeでMVも見てくれ.いいから早く.ほら.

 

https://www.google.co.jp/url?sa=t&source=web&rct=j&url=https://m.youtube.com/watch%3Fv%3DYatJsm5i8Jw&ved=0ahUKEwiC3Yuq7fDaAhWDjJQKHXhsCdsQtwIIMDAE&usg=AOvVaw2wh-_TZCHfwGyMFOjUUxtv

 

今時って皆演奏力半端ないじゃん?凛として時雨UNISON SQUARE GARDENRADWIMPS...挙げたらキリがない.勿論そういうバンドも大好きだし,ベースの音がエロ過ぎて失禁モノだとも思う.田淵智也何であんなに見切れながら超絶技巧並のベースライン弾けんだよ.しかも早稲田政経卒とかふざけんな.

 

でもHump Backって,敢えてなのかそこまでの演奏力が無いのかは知らないけれど,楽曲がシンプル.バンドとしての実力で勝負するというよりは,リリックに込めた気持ちだったり,その気持ちを全身全霊で伝える声だったり,そっちの方がウエイトが大きいように感じる.

 

だって感動するじゃん.シンプルなのってさ.『君の名は。』よりも『言の葉の庭』の方が感動するじゃん....いや,まあこれは個人差か.でも『君の名は。』は正直,良いって言われているから観てみたけれど,瀧くんと三葉の入れ替わりを追うだけで必死だったって人も実は多いんじゃない?だから何度も見るリピーターが続出したんじゃないかと分析しているのだけれど.

 

何回話逸れるんだと.ごめんよブラウザバックしないで.

 

兎に角今って歌は上手い方が良い,演奏は技巧的な方が良いってなりがちだけれど,勿論高いレベルは求められて至極当然だけれど,そんな中だからこそシンプルにスリーピースで音をぶち鳴らすHump Backが求められているんじゃないかと.そう思ってやまないんですよね.

 

 絶対これから(というか既に?)日本のロックシーンには欠かせない存在に成長していくはず.チャットモンチーも解散するし,今後SILENT SIRENSCANDALではない,エモ系のガールズバンドがその穴を補填する必要があるから.だからこれからってタイミングの今,聴き始めてみるべき.

 

そしてメジャーレーベルに行って,アリーナで演奏する彼女たち(個人的にはいつまでもライヴハウスでやって欲しいけれど)を見て,「大きくなったなあ...」って言ってやりましょう.同士たちよ,立ち上がれ.

 

hanamuke

hanamuke

 

 

 

 

いい加減に世界は植田真梨恵の魅力に気付け

皆さん植田真梨恵というシンガーソングライターのことご存知ですか.知らないですよね.大型タイアップは無く,オリコンに顔を出すこともない,ギター女子が脚光を浴びた何年か前のブームにも乗れなかったので仕方がないです.でも俺はずっと一番好きなアーティストとして掲げてきて,流石にもう不憫だなと.こんなに良い曲ばかり作って売れないのが不憫だなと.だから今回は一方的に皆さんに俺が 植田真梨恵の魅力を語り倒す回ですよろしく.

 

感情型シンガーソングライター

月並みな表現だと思ったそこの君.それは各所のライターに言ってくれ.邦楽界隈では彼女のことを"感情型"という枕詞で評することが多いのです.でもきっとこれを見れば納得なんじゃないかな.

 

http://www.心と体.com/ https://www.google.co.jp/search?kgmid=/g/11b6jgd7h6&hl=ja-JP&kgs=22b81ab0f75abeb6&q=植田真梨恵+心と体&shndl=0&source=sh/x/kp&entrypoint=sh/x/kp

 

どう?見ているこちらが食われそうなくらい,鬼気迫る表情と,切実に彼を求める痛切な歌詞(今時はこういうのを"メンヘラ"なんて蔑称で呼ぶのかもしれないけれど).これを感情型と呼ばずして何と形容しろというのか.

 

そして勿論こういう勢いのある楽曲に刺さるような鋭く高い歌声を乗せるのも彼女の魅力ではあるのだけれど,バラードを歌わせるとこうなる.

 

https://www.google.co.jp/search?kgmid=/g/11c67wh4b9&hl=ja-JP&kgs=de97bbd2e62c3abd&q=%E6%A4%8D%E7%94%B0%E7%9C%9F%E6%A2%A8%E6%81%B5+%E3%83%80%E3%82%A4%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B0&shndl=0&source=sh/x/kp&entrypoint=sh/x/kp

 

極上だよね.感情型だからこそ成せるこの切なさ,心に染み入る感じ.堪らない.声に沢山の表情があるシンガーだと思う.鋭く高い声,腹から響く低い声,切ない声に明るい声,更には顔の表情まで.オーディエンスをどこまでも曲の世界観に引きずり込んでいく.この辺りここまで上手に出来るのは,彼女を除きMrs. GREEN APPLE大森元貴くらいのものなんじゃないかな.

 

ハングリー精神

15歳の時,単身で福岡から大阪に渡り,17歳(2008年)でファーストアルバム『退屈なコッペリア』をリリース.メジャーデビューシングル『彼に守ってほしい10のこと』の発売が2014年なので6年間のインディーズ活動ということになる.そして皆もご存知の通り,今もお世辞にも売れているとは言えない.最高位は4thシングル『スペクタクル』のオリコン20位だ.本人も現状で満足している筈がない...というのは俺の決めつけでしかないけれど.

 

まず作詞作曲は勿論のこと,ジャケットやライヴグッズも自ら手がけ,更に去年は映画出演も果たすなどマルチな才能をいかんなく発揮している.

 

そして着目すべきはシングルのカップリング曲.個人的に,そのアーティストのハングリー精神,売れたいという思いはカップリングに表れると思っている.タイアップを気にせず作るから自分たちらしさを出せるという意味でも,毎回そこに注目するようにしている.例えば[ALEXANDROS]やサカナクションは露骨にカップリング曲に出来の良くないものを入れますよね。『映画』とか山口一郎は気に入っているようだけれど,果たして皆さんあれ良いと思って聴いていますか?

 

しかし植田真梨恵にはそういうものが一切ない.極限まで妥協を許さないその姿勢は天晴としか言いようがない.カップリングはMV化されていないから貼り付けることは出来ないけれど,「どうしてこれを表題でカットしなかったんだ?」と疑問に思うレベルの楽曲を世に放ってくるからその度ごとに驚かされる.

 

それならどうして売れないのか?

顔良し曲良し性格良し,売れない理由が見当たらない.ところが一つだけ,その一つが致命傷なわけだけれど,存在するんですね,売れない理由が.そう,それは事務所.彼女はGIZAに所属しているのだけれど,兎に角タイアップが弱い.そして他のアーティストも有名どころが他社に比べて圧倒的に少ない.タイアップがつけば甲高い声はよく通り,卓越したメロディセンスでファンを獲得出来るのは間違いない.さあ,VICTOR.若しくはSONY.EMIでも良いけれど,この有力株を手に入れるなら今です.

 

 

『REVOLVER』 (初回生産完全限定盤) (DVD+絵本付)

『REVOLVER』 (初回生産完全限定盤) (DVD+絵本付)

 

 最新シングルのリンクだけ貼り付けて,これで今回はお別れです.今年の7月にインディーズデビュー10周年記念ライヴが大阪と東京で開かれるので,近場の方は是非とも参加して,植田真梨恵の世界を体験してみてください.それでは.

RADWIMPSの変遷

空前絶後のヒットを記録した『君の名は。』の劇中歌&主題歌を担当し,『前前前世』で2016年の紅白歌合戦に出場したRADWIMPS.今や国民的バンドと呼んで然るべき存在だろう.

 

RADWIMPSはデビュー当初から振り返ると,音楽性の転轍点とも言える地点が幾つかある.今回はそれを振り返ってみようと思う.

 

第一章 -「君が好きだ!」-

この時代は具体的に,『RADWIMPS』から『RADWIMPS 2 〜発展途上〜』までを指す.代表的な歌詞を引用してみよう.

 

君が僕をいつまでも好きでいてくれると言うのなら

ほんとに僕はいつまでも君を好きでいられるのになあ

(「ずっと大好きだよ」「ほんと?...」)

 

君からの電話が鳴る度 僕の心はウキウキ

君に会うと何故か気取っちゃうけど 内心はドキドキドキドキ

(さみしい僕)

 

一言で言うと,こっ恥ずかしい.聴いているこっちが恥ずかしくなってくる.こんな歌詞を書いている人が数年後に"互いの砂時計眺めながらキスをしようよ 「さよなら」から一番遠い場所で待ち合わせよう(スパークル)"なんて叙情的なことを歌っているって,信じられますか?

 

ただ本人も恥ずかしいと思っているのか,LIVEでは殆どこの時期の曲を歌わない.数年前に『夢見月に何想ふ』を演奏したと聴いて驚いた記憶があるくらい.『音の葉』とか好きなんだけどなあ.

 

それと声.誰だよ.変わりすぎだよ.最近の楽曲を聴いてからこの時期の楽曲を聴くと,マジで一瞬同一人物なのか分からなくなるのでオススメです.

 

第二章-恋愛の荒波に飲まれて-

この時代は『RADWIMPS 3 〜無人島に持っていき忘れた一枚〜』から『RADWIMPS 4 〜おかずのごはん〜 』までを指す.歌詞の表現力が格段に上がり,声も大人の雰囲気を纏い始める,ある種激動の時代.この時代の象徴的な歌詞は以下の通り.

 

「さよなら」と一緒に教えて欲しかったよ

あの約束の破り方を 他の誰かの愛し方を

(me me she)

https://m.youtube.com/watch?v=-SZ7FJxPQoc

 

何を求めるでもなく 無理に意味を添えるでもなく

つまりは探しにゆこう 二人の最大公約数を

(最大公約数)

 

ほらね.さっきまで"やっぱオッパイは触りたいの(ヒキコモリロリン)"とか歌っていた人がこうなりました.まるで完全変態.因みにこの歌詞は完全に変態.

 

大人になった感が溢れ出ていると自分は思う.中高生がノリで書きました!的な歌詞の次に,そうした恋愛で酸いも甘いも経験して,どこか達観した雰囲気すら感じる.更には『最後の歌』や『ギミギミック』辺りで次の時代である"哲学"の萌芽もあるのかな,と.やはり激動.

 

第三章-生と死とは?愛とは?-

ここから一気にテーマは飛躍.アルバムタイトルも『RADWIMPS ○ 〜××××〜』という形式をとらなくなる.因みにこの時代は『アルトコロニーの定理』から『人間開花』,つまり現在に至るまで.更には楽器隊の実力の向上も見られる.『DARMA GRAND PRIX』や『おしゃかしゃま』のようなテクニカルな楽曲も増えてくる.さて,いつものいきましょう.

 

世界の終わりの その前の日に

生まれた赤子に それでも名前をつけるよ 僕は

(アイアンバイブル)

 

明日に希望を持った者だけに 絶望があるんだ

何かを信じた者だけに 裏切りがあるんだ

(億万笑者)

 

うん,大人.非常にオトナチック.初期から一気にここら辺まで飛ばして聴くと,声も歌詞も楽器隊の腕前も激変していて誰だお前状態.

 

illionの活動を通して日本語の美しさを改めて感じたらしく,英詞が明らかに減ってくるのも特徴だろうか.最新曲の『Mountain Top/Shape of Miracle』はもうillionとの違いが分からない感じになっていたけれど.

 

Mountain Top / Shape Of Miracle

Mountain Top / Shape Of Miracle

 

 

 

だからRADWIMPSの歌詞が音楽番組で紹介されると大抵『その哲学的な歌詞が魅力!』なんて言われているけれど,案外それって最近の話なんだよ,という.

 

 

 

よくYouTubeのコメント欄で「俺たちのRADWIMPSは変わっちまった」みたいなコメントを見るのだけれど,それは当たり前のこと.30前後のおじさんが,いつまでもコンドームとか歌うわけないでしょそりゃ.

 

寂しい気持ちは分かる.それはよく分かる.元々ロック好きには絶大な人気ではあったけれど,『君の名は。』で最早知らない人はいないレベルにまで昇華されて,遠くに行ってしまった感.でもね,最初からRADWIMPSは俺たちの近くにはいないから.純粋に彼らの飛躍を喜んであげたら,それで良いんだと思う. 

 

ざっと3つにRADWIMPSの歴史を分けて説明してきたわけだけれど,どの期間が優れていてこっちは劣っている,といった話をしたいわけではなくて.どの時期にもRADWIMPSの魅力がパンッパンに詰まっていると思っている.だから最近RADWIMPSを知ったよって人は是非,過去のアルバムを漁ってみるのも良いんじゃないかな.

 

それでは,また.ここまで読んでくれてありがとう.

欅坂46を,解剖する.

皆さんは欅坂46,ご存知だろうか.

 

 2016年4月6日に『サイレントマジョリティー』で鮮烈なデビューを果たし,オリコン,Tunes,Billboard等各種ランキングで1位を総ナメにした女性アイドルグループ.

https://www.google.co.jp/url?sa=t&source=web&rct=j&url=https://m.youtube.com/watch%3Fv%3DDeGkiItB9d8&ved=0ahUKEwjO2IfF-rfZAhVEtJQKHQMaBEkQt9IBCKMBMBY&usg=AOvVaw3CXeCrUkNvEVNikAkWWL65

 

2年連続で紅白歌合戦にも出場し,これまでにリリースしたシングル6作で全てオリコン1位を記録.知らない人は世間の潮流に置き去りにされている,と言っても過言では無いかもしれない.

そこで今回は欅坂46の人気の源泉を,掘り下げて考察してみよう.

 

歌詞に内包された矛盾

欅坂46の歌詞を象徴するのが,"大人や社会への反抗".例示すると以下の通り.

 

"努力は報われますよ 人間は平等ですよ

幸せじゃない大人に 説得力あるものか"

(月曜日の朝、スカートを切られた)

 

"大人は信じてくれない こんな孤独でいるのに"

(大人は信じてくれない)

 

"君は君らしく 生きて行く自由があるんだ

大人たちに支配されるな"

(サイレントマジョリティー)

 

さて,ここで面白い点が.それは,彼女たちは踊りも歌詞も,全て大人の計画に従って動いているということ.

"大人たちに支配されるな"と言う彼女たち自身が既にその状況に置かれているという自己矛盾.こういった楽曲を次々にリリースすることで,『サイレントマジョリティー』で人々の心に萌芽した違和感の種を育てていった.

そして気付けば自分もファンの一人になっていた.かつてアイドルを苛烈に批判していたのに,だ.

 

ダークな雰囲気と裏腹の明るい少女像

さて,一度欅坂46の魅力に気付いたが最後,様々なメディアを追いかけ続ける生活が待っている.所謂ヲタ活.「欅って、書けない?」「KEYABINGO」「こちら有楽町星空放送局」等々.

『エキセントリック』や『不協和音』の雰囲気に圧倒された人々は,上記の番組に出演するメンバーの姿に驚く筈.そう,存外普通の女の子がそこにはいる.

17万部を超えるベストセラーを記録した,長濱ねるの1st写真集『ここから』で,水着姿で微笑む彼女に悩殺されたのは僕だけでは無いだろうが,こうした様々な媒体を通して,いつからか「笑わないアイドル」と揶揄された(『二人セゾン』でも普通に微笑くらいはあった気が...)彼女たちの,明るい姿を確認することが出来る.

こうした陰と陽を繰り返し与え続けることで,欅坂46の沼はどこまでも底がなくなっていき,どっぷりと浸かることになるのは間違いない.この辺りが,欅坂46がファンの心を掴んで離さない一因ではないだろうか.

 

最新曲『ガラスを割れ!』

そして2018年3月7日,6thシングルの『ガラスを割れ!』がリリースされた.

https://www.google.co.jp/url?sa=t&source=web&rct=j&url=%23&ved=0ahUKEwi58JbrhrjZAhUDoJQKHeeBAdIQwqsBCCcwAA&usg=AOvVaw0VTJzWxrN8ZFOD4xbU2nov

ダンスはTAKAHIRO,MVは新宮良平とタッグを組んだ,"いつもの"欅坂46

今作は初のロックナンバーであり,MV中の激しいマイクパフォーマンスや,志田愛佳の髪色に注目が集まった.欅坂46史上初のミリオンセールスを叩き出したことでも知られる.

正直春のリリースということで,『二人セゾン』のような穏やかな楽曲を期待はしていたけれど,超前衛的なナンバーに.音楽番組に最早平手友梨奈が出演しなくなってしまい,今後の動向に不安が募るが,期待して応援を続けようと思う.

 

欅坂46の今後の活躍,刮目せよ.

 

ガラスを割れ! (Type-A)(DVD付)

ガラスを割れ! (Type-A)(DVD付)