放課後の教室棟

思うことを、ありのままに。まるで意のままに。

RADWIMPSの変遷

空前絶後のヒットを記録した『君の名は。』の劇中歌&主題歌を担当し、『前前前世』で2016年の紅白歌合戦に出場したRADWIMPS。今や国民的バンドと呼んで然るべき存在だろう。

 

RADWIMPSはデビュー当初から振り返ると、音楽性の転轍点とも言える地点が幾つかある。今回はそれを振り返ってみようと思う。

 

第一章 -「君が好きだ!」-

この時代は具体的に、『RADWIMPS』から『RADWIMPS 2 〜発展途上〜』までを指す。代表的な歌詞を引用してみよう。

 

君が僕をいつまでも好きでいてくれると言うのなら

ほんとに僕はいつまでも君を好きでいられるのになあ

(「ずっと大好きだよ」「ほんと?...」)

 

君からの電話が鳴る度 僕の心はウキウキ

君に会うと何故か気取っちゃうけど 内心はドキドキドキドキ

(さみしい僕)

 

一言で言うと、こっ恥ずかしい。聴いているこっちが恥ずかしくなってくる。こんな歌詞を書いている人が数年後に"互いの砂時計眺めながらキスをしようよ 「さよなら」から一番遠い場所で待ち合わせよう(スパークル)"なんて叙情的なことを歌っているって、信じられますか?

 

ただ本人も恥ずかしいと思っているのか、LIVEでは殆どこの時期の曲を歌わない。数年前に『夢見月に何想ふ』を演奏したと聴いて驚いた記憶があるくらい。『音の葉』とか好きなんだけどなあ。

 

それと声。誰だよ。変わりすぎだよ。最近の楽曲を聴いてからこの時期の楽曲を聴くと、マジで一瞬同一人物なのか分からなくなるのでオススメです。

 

第二章-恋愛の荒波に飲まれて-

この時代は『RADWIMPS 3 〜無人島に持っていき忘れた一枚〜』から『RADWIMPS 4 〜おかずのごはん〜 』までを指す。歌詞の表現力が格段に上がり、声も大人の雰囲気を纏い始める、ある種激動の時代。この時代の象徴的な歌詞は以下の通り。

 

「さよなら」と一緒に教えて欲しかったよ

あの約束の破り方を 他の誰かの愛し方を

(me me she)

www.youtube.com

 

何を求めるでもなく 無理に意味を添えるでもなく

つまりは探しにゆこう 二人の最大公約数を

(最大公約数)

 

ほらね。さっきまで"やっぱオッパイは触りたいの(ヒキコモリロリン)"とか歌っていた人がこうなりました。まるで完全変態。因みにこの歌詞は完全に変態。

 

大人になった感が溢れ出ていると自分は思う。中高生がノリで書きました!的な歌詞の次に、そうした恋愛で酸いも甘いも経験して、どこか達観した雰囲気すら感じる。更には『最後の歌』や『ギミギミック』辺りで次の時代である"哲学"の萌芽もあるのかな、と。やはり激動。

 

第三章-生と死とは?愛とは?-

ここから一気にテーマは飛躍。アルバムタイトルも『RADWIMPS ○ 〜××××〜』という形式をとらなくなる。因みにこの時代は『アルトコロニーの定理』から『人間開花』、つまり現在に至るまで。更には楽器隊の実力の向上も見られる。『DARMA GRAND PRIX』や『おしゃかしゃま』のようなテクニカルな楽曲も増えてくる。さて、いつものいきましょう。

 

世界の終わりの その前の日に

生まれた赤子に それでも名前をつけるよ 僕は

(アイアンバイブル)

 

明日に希望を持った者だけに 絶望があるんだ

何かを信じた者だけに 裏切りがあるんだ

(億万笑者)

 

うん、大人。非常にオトナチック。初期から一気にここら辺まで飛ばして聴くと、声も歌詞も楽器隊の腕前も激変していて誰だお前状態。

 

illionの活動を通して日本語の美しさを改めて感じたらしく、英詞が明らかに減ってくるのも特徴だろうか。最新曲の『Mountain Top/Shape of Miracle』はもうillionとの違いが分からない感じになっていたけれど。

www.youtube.com

 

www.youtube.com

Mountain Top / Shape Of Miracle

Mountain Top / Shape Of Miracle

 

 

 

だからRADWIMPSの歌詞が音楽番組で紹介されると大抵『その哲学的な歌詞が魅力!』なんて言われているけれど、案外それって最近の話なんだよ、という。

 

 

 

よくYouTubeのコメント欄で「俺たちのRADWIMPSは変わっちまった」みたいなコメントを見るのだけれど、それは当たり前のこと。30前後のおじさんが、いつまでもコンドームとか歌うわけないでしょそりゃ。

 

寂しい気持ちは分かる。それはよく分かる。元々ロック好きには絶大な人気ではあったけれど、『君の名は。』で最早知らない人はいないレベルにまで昇華されて、遠くに行ってしまった感。でもね、最初からRADWIMPSは俺たちの近くにはいないから。純粋に彼らの飛躍を喜んであげたら、それで良いんだと思う。 

 

ざっと3つにRADWIMPSの歴史を分けて説明してきたわけだけれど、どの期間が優れていてこっちは劣っている、といった話をしたいわけではなくて。どの時期にもRADWIMPSの魅力がパンッパンに詰まっていると思っている。だから最近RADWIMPSを知ったよって人は是非、過去のアルバムを漁ってみるのも良いんじゃないかな。

 

それでは、また。ここまで読んでくれてありがとう。